マイホーム修繕の相談をするならどこがいい?

家の修繕を相談する相手について知る

建築会社に修繕を依頼する

家のローン返済や日々の生活の中で忘れてしまいがちになってしまうのが、家の修繕のための積立金です。
家は建てた時から徐々に劣化していきます。
新築住宅だったとしても、家は場所によっては五年から十年程度の期間で修繕が必要になってきます。
同じ家に住み続けるためには、家の修繕は必要になります。
なので、家の修繕にかかる費用をあらかじめ積み立てておくといざという時に安心です。

雨風や日光にさらされている外壁や家の屋根は劣化しやすい場所です。
外壁や家の屋根の修繕は、五年から十年の期間で行うことになります。
外壁や屋根は建物の内部に雨水が侵入してくるのを防ぐ役割があります。
雨水が建物の内部に侵入し、内部構造にかかわる部分を劣化させてしまうと大規模な修繕が必要になってしまい、その分だけ高額な費用もかかることになります。
外壁や屋根を修繕するときには、修繕を行うために足場を組みます。
足場を組むとその分の料金が発生します。
なので外壁と屋根はまとめて修繕する方が良いです。

キッチンや風呂場、トイレのような水回りは、家の中でも劣化しやすい場所です。
水回りの給水管や配水管などの修繕は、十年ごとの補修と二十年単位での交換が必要になります。
また、給湯器などは約十年程度での交換が必要になります。

家の修繕と聞くと建物部分を想像し、庭部分を見落としがちになってしまいます。
庭に植えた植物が成長して根を伸ばして、地下に埋められた給水管や配水管を壊してしまい、修繕が必要になってしまうことがあります。

おすすめリンク

TOPへ戻る