家の修繕を相談する相手について知る

>

家の修繕について

ハウスメーカーに依頼する

家を建てる際にハウスメーカーに建築依頼をしたのでその流れでそのまま家の修繕を依頼しようと思う人や、また、それ以外に建築会社を知らないという方もいると思います。

ハウスメーカーは会社の規模が大きいので、ハウスメーカーによってはアフターサービス専門の部署を構えているというところもあります。

ハウスメーカーに建築を依頼した場合は、十年間の保証をしてもらえます。
しかし、家の修繕は雨風にさらされ、一番劣化しやすい外壁や家の屋根部分でも家を建てて十年から二十年になるので保証が切れていることが多いです。

ハウスメーカーに依頼したとしても多くの場合、修繕を行うのは地元の工務店になります。
その場合、間にハウスメーカーが入っているのでその分だけ料金が高くなってしまいます。
しかし、大手の会社なので、安心安全というのがハウスメーカーになります。

工務店に依頼する

家の修繕を依頼するのに家の地元にある工務店に依頼するというのを思いうかべた人もいるでしょう。

工務店に修繕を依頼する場合には、ハウスメーカーに比べて修繕費用が安くなります。

工務店では、ハウスメーカーと違い、電話のやり取りではなく、担当者に直接会ってやり取りすることが多いです。
担当者に直接会って話ができるので、家の修繕依頼をスムーズに相談することができます。

ハウスメーカーはまず、電話をしてからになります。
地元にある工務店の場合は、家に何かあってすぐに来てほしいというときに応えてくれる可能性が高いです。

工務店は店舗によってそれぞれ得意不得意などのような違いがあります。
なので、工務店に依頼する際は、複数の工務店の見積もりもらい、比較をしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る