家の修繕を相談する相手について知る

>

建築会社以外に依頼する

リフォーム会社に依頼する

家の修繕を依頼する相手にはリフォーム会社があります。

リフォーム会社の場合、ちゃんとした施工を行う会社もありますが、工務店などに比べるとそうではない会社が多いです。
依頼者が建築について、知識がないために良くないリフォーム会社が多くなってしまっています。

ハウスメーカーに比べて安い費用で修繕工事を行ってくれていても、リフォーム会社の中には、手抜き工事を行っている場合があります。
手抜き工事ではなくても、家の一部分だけの修理で済むものを、全体の修理が必要だと言ってくる場合もあります。
また、相場よりもはるかに高額な修繕費を要求してくるリフォーム会社というのもあるので注意が必要です。

なので、リフォーム会社に家の修繕を依頼する場合には、複数のリフォーム会社から見積もりをもらい、比較しましょう。

メーカーに依頼する

家に関することとなると、ハウスメーカーや工務店、リフォーム会社のような建築に関係するところに相談してしまいがちです。

しかし、給湯器やガスコンロなどの設備に関するものについては、ハウスメーカーや工務店、リフォーム会社に連絡するのではなくメーカーに依頼しましょう。
給湯器やガスコンロの機体や説明書には、その機体を製造したメーカーの名前が記載されています。

しかし、メーカーに修繕の連絡を行いたいときになって、メーカーの連絡先が分からないといった場合には、ハウスメーカーに連絡するのも一つの手段です。
これらの修繕はハウスメーカーに相談すれば、解決できます。
ただし、仲介料などがかかることになり、その分だけ修繕費用が高くなります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る