家の修繕を相談する相手について知る

>

保険の利用から修繕まで

火災保険を利用する

安い金額で、家の修繕を行うと聞くと、どうしても手抜き工事を想像してしまいます。
しかしながら、家の修繕は無料で行えることがあります。

その方法が火災保険を利用して、その保険金で家の修繕を行うといったものです。

火災保険は名前にある火災以外にも自然災害などにも保険が適用されます。
台風の後に家の雨漏りが起きたり、屋根などが飛ばされてしまった場合や大雪による被害にも火災保険を利用する事ができます。

また、火災保険は何度、保険を利用しても、掛け金が上がるということはありません。

家の修繕をすでに終わらせてしまった場合でも、三年前までの修繕であるならば、修理費用を申請することができます。

火災保険が適用される事態は色々あるので、確認しておきましょう。
火災、落雷、風災と雹、雪災、水災、破裂と爆発、水濡れ、盗難、外部からの物体落下、騒じょう行為に保険を利用することができます。

火災保険を申請する

火災保険を利用して、家の修繕を行う場合には、火災保険の申請を行わなければなりません。
火災保険の申請する場合には、申請する書類を自分で用意することになります。

しかし、火災保険の申請から家の修繕までをセットで行ってくれる専門業者があります。

火災保険を利用して、家の修繕を行う際には、まず、専門業者に連絡を入れましょう。
専門業者に、屋根などの災害によって傷んだところを調査してもらい、報告書と見積書を専門業者に作成してもらってください。
これらを行ってから、保険会社に被災をしたことを連絡してましょう。
保険会社に作成してもらった報告書と見積書を保険会社に送ってください。
保険会社に依頼された鑑定人が、調査にやって来て被害額が決まり、保険金額が決まります。
保険会社から保険金が支払われたら、専門業者専門業者が修繕を行ってくれます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る